Top
2016年 08月 30日 |
20160701 山みず季URARAつたや様がリニューアルオープン致しました。

竣工写真が揃いましたので、ご覧ください。






木曽福島 山みず季URARAつたや

用途:旅館
構造:S造 地下2階、地上2階建
改修面積:130㎡
改修内容:客室 / 2部屋を1部屋に改修
     宴会場 / 電気・設備更新(エアコン・照明)
施工者:株式会社 守谷商会


『木曽の余白』
 長野県初の日本遺産に認定された木曽路。「山みず季URARAつたや」様は、四季のうつろいと人々の生活が色濃く混ざり合う木曽福島の町の駅前に軒を構える。
木曽福島は今も尚11の宿場町が残る木曽路の中核を成し、かつては天下の四大関所のひとつとして知られていた。
「山蒼く暮れて夜霧に灯をともす、木曽福島は谷底の町」とうたわれているように、起伏に富む河岸地形の崖地に崖屋造りの家屋が軒を連ねる。

 「山みず季URARAつたや」様も同様の崖屋造り。また、河岸地形の上段付近にあるため歴史ある町を一望できる180度パノラマビューの町唯一のお宿である。しかしながら、改修の依頼を頂いた2部屋の客室の開口部は頑丈な格子で覆われ、良質な景観が阻害されており、崖地に建つ立地を生かしきれていなかった。クライアントからは、「障子を使わず今までの和室の印象とは違ったエッセンスを付加させ、狭く暗い2部屋のお部屋をつなげ、広々と清潔感あるお部屋に改修してほしい」と依頼を受けた。そこで、思い切って開口部からやりかえ、障子を使わず断熱レールを施したスクリーンを用い、間接照明のあたたかみのあるベールで景色を誘導することで、開口部を最大限活用し、地域資源である良質な景観を計画に組み込むこととした。また、障子の代わりとなる断熱レールを施したスクリーンは、冬季の木曽の厳しい寒さ対策としても有効であり、寒冷地対応の2基のエアコンの暖気も逃がさず良好な室内環境も保持する。夏季はスクリーンを開放、両サイドの片開き戸を開け放つことで色深い里山と清く澄んだ木曽川からの風やにおいでお部屋が包まれる。

 宿場町としての、歴史・自然・生活が色濃く残る木曽路の情景を映し取り、あらたなエッセンスを許容、そしてマチや訪問者の受け皿となるような「木曽の余白」としてのお部屋づくりに努めた。

担当:安藤



■客室 全景
AFTER
e0189172_09404008.jpg

BEFORE↑
e0189172_09404574.jpg


■客室 ベッドルーム①
AFTER
e0189172_09405102.jpg
BEFORE↑
e0189172_09405633.jpg

■客室 広縁①
AFTER
e0189172_09410048.jpg
BEFORE↑
e0189172_09410477.jpg

■客室 ベッドルーム②
AFTER
e0189172_09410856.jpg
BEFORE↑
e0189172_09411211.jpg

■客室 全景②
AFTER
e0189172_09411890.jpg

■客室 TV台
AFTER
e0189172_09412224.jpg
■客室 天井仕上げの貼り分け
AFTER
e0189172_09413463.jpg
■客室 和室スクリーン閉鎖時
AFTER
e0189172_09413868.jpg
■客室 化粧台
AFTER
e0189172_09414129.jpg

■宴会場 全景 照明・設備・天井クロスの更新のみ
AFTER
e0189172_09414742.jpg
BEFORE↑
e0189172_09415241.jpg
■宴会場 埋め込みエアコンと照明 照明・設備・天井クロスの更新のみ
AFTER
e0189172_09415797.jpg
BEFORE↑
e0189172_09420268.jpg

















[PR]
2016年 07月 27日 |
20160720 第13回倉橋 旅館・ホテルセミナー&見学会 ~ in 九州別府 悠彩の宿 望海~
- 改修前3億円台の売上が6億円達成 -

梅雨が明け暑さが厳しさを増してきた九州別府において、第13回倉橋 旅館・ホテルセミナー&見学会を開催いたしました。
弊社が改修を手がけ、セミナー会場を提供して頂きました悠彩の宿 望海様をご案内した後、3部構成のセミナーを行いました。
第1部では、弊社代表取締役 小宮山より、悠彩の宿 望海様の改修工事の経過とポイントを説明させて頂いた後、「日本の魅力、旅館のしつらえ」と題して、日本の感性と情緒・和のしつらえについて旅館の事例を交えながら話をいたしました。
第2部では、株式会社望海荘代表取締役 木村様より、「婿さんの旅館奮闘記」と題して、ご自身の経歴を交えながら旅館の売上を伸ばすまでのお話をして頂き、講演の締めとして旅館業を営んでいく上でご自身が大切にしている「4つのen」についてお話をして頂きました。
第3部では、弊社が最近手がけた事例を4作品紹介させて頂きました。
お忙しい中お越し頂いた方々には心より感謝申し上げます。また、今回セミナー会場を提供して頂いた望海様には心のこもったおもてなしをして頂きました。ご参加のみなさま、関係者のみなさま大変ありがとうございました。

悠彩の宿 望海
e0189172_947428.jpg

ロビー(Before)
e0189172_13374999.jpg

ロビー(After)
e0189172_13375616.jpg

浴室(Before)
e0189172_1338317.jpg

浴室(After)
e0189172_1338743.jpg

客室(Before)
e0189172_13381233.jpg

客室(After)
e0189172_13381743.jpg

見学会
e0189172_9474331.jpg

e0189172_9475262.jpg

e0189172_9473586.jpg

セミナー全体風景
e0189172_9472078.jpg

セミナー講演
e0189172_9482815.jpg

e0189172_9483463.jpg

e0189172_9484182.jpg

集合写真
e0189172_9471466.jpg

[PR]
2016年 07月 15日 |
20160601 サービス付き高齢者向け住宅・デイサービス・認定こども園・レストラン(地域交流ホール)の
ミサトピア ロピテル一日市場 がOPEN致しました。




■設計意図

豊かな田園風景の広がる安曇野に建つ複合福祉施設。
サービス付き高齢者向け住宅・デイサービス・訪問介護ステーション・レストラン(地域交流ホール)・認定こども園・学童保育という6つの機能が複合し、多世代の集う地域に開かれた施設として計画された。
複合福祉施設としてそれぞれの施設が円滑に機能するよう配慮しながら
・地域の方々が気軽に立ち寄れる雰囲気をいかにつくりだすか
・高齢者と園児の「ほどよい距離感」をいかに実現するか
・大きな建物のボリュームをいかに周辺環境に馴染ませるか
が計画の大きなテーマであった。

平面計画では、駐車場・車寄せから、シンボルツリーのある前庭に面した大きな庇のある奥行きのあるアプローチに、人の流れを引き込むよう計画した。レストラン(地域交流ホール)、認定こども園、サ高住エントランスの面するこの前庭が、各施設を有機的に結び付ける役割を果たしながら、サ高住棟とこども園棟の適度な距離感を生み出している。また、メインエントランスの他に近接する一日市場駅側にサブエントランスを設け、施設の通り抜けを可能とするなど、アクセスのしやすさに配慮した。
鉄骨4階建ての建物は、雁行配置により建物の量感を和らげ、屋上に大きな庇を巡らせることで陰影を付け、付近に点在する土蔵をモチーフとした白と黒のカラーリングによって周囲の景観に溶け込むよう意図した。

施設の核となるサービス付き高齢者向け住宅は、地元住民のみならず都会の高齢者をもターゲットとし、「豊かな自然に囲まれた環境での安心・快適な老後生活」を提供するため、設備・セキュリティ・内装グレードが吟味された。

便利な市街地ではなく、敢えて効外の地に多世代の交流の場をつくりだした今回の計画が、地域活性化につながる新しい流れになっていくことを強く願っている。

担当:篠田


■建築データ
施設名:ミサトピア ロピテル一日市場
用途:サービス付き高齢者向け住宅・デイサービス・認定こども園・レストラン(地域交流ホール)
構造:S造 地上4階建
延床面積:3948.42㎡
施工者:株式会社 松本土建




e0189172_1129673.jpg


e0189172_11291679.jpg


e0189172_1128378.jpg


e0189172_11292616.jpg


e0189172_11293316.jpg


e0189172_11294969.jpg


e0189172_11301898.jpg


e0189172_11294010.jpg


e0189172_11281682.jpg


e0189172_11301180.jpg


e0189172_1128268.jpg


e0189172_11295983.jpg






長野県松本市 
株式会社 倉橋英太郎建築設計事務所
[PR]
2016年 07月 06日 |
20160702 ホテル摩周グランドオープン



心のふれあい大切に笑顔あふれるおもてなしの宿
月岡温泉 摩周

新潟県新発田市月岡温泉
工事範囲:食事処、半露天風呂付客室、客室、宴会場
工事面積:2500㎡
工事期間:H28年1月〜H28年6月


客室のベット化と食事をお部屋出しから食事処での提供に変える事でスタッフの負担を減らし、より良いサービスが出来る環境を作りたいとご依頼がありました。

窓の無いコンベンションホールと庭に面した中宴会場を改修し食事処としました。
お客様の満足度を上げるため個室としましたが可動間仕切りで仕切ることで人数に応じて部屋の広さが調整できます。またオープン空間としての利用も可能です。
オープンキッチンに面する中央席に間仕切りはありませんが、全体の照度を下げ、スポット照明でテーブルを照らす事により隣の席が気にならない空間づくりとなっています。

半露天風呂付客室は三世代交流をコンセプトに家族が集えるリビング+寝室としても使える和室+ベッドルームで構成されています。既存客室2室を1室にまとめることで広く贅沢な作りとなっています。
バリアフリールームも2室設け様々なお客様のニーズに応えられるお部屋づくリを行いました。

その他客室、宴会場、廊下についても模様替一部改修を行い全体的に趣ある雰囲気となっています。


担当:竹内



■客室あい
AFTER
e0189172_10102842.jpg

BEFORE↑
e0189172_10103262.jpg

AFTER
e0189172_10103573.jpg



■客室あかね
AFTER
e0189172_10103740.jpg

AFTER
e0189172_10103967.jpg



■客室あやめ
AFTER
e0189172_10104038.jpg

AFTER
e0189172_10104223.jpg



■客室さくら
AFTER
e0189172_10104432.jpg

AFTER
e0189172_10104720.jpg



■客室しゃくやく
AFTER
e0189172_10104981.jpg

BEFORE↑
e0189172_10105591.jpg

AFTER
e0189172_10105864.jpg

BEFORE↑
e0189172_101135.jpg



■客室すみれ
AFTER
e0189172_1011583.jpg


AFTER
e0189172_10235447.jpg


BEFORE↑
e0189172_1024256.jpg



■客室そら
AFTER
e0189172_10244243.jpg


BEFORE↑
e0189172_10245592.jpg

AFTER
e0189172_1028099.jpg



■客室つつじ
AFTER
e0189172_10282710.jpg

BEFORE↑
e0189172_10284524.jpg

AFTER
e0189172_1029274.jpg



■客室はなみずき
AFTER
e0189172_10324183.jpg



■客室ふじ
AFTER
e0189172_103369.jpg

AFTER
e0189172_10332312.jpg

AFTER
e0189172_10333934.jpg



■客室やまぶき
AFTER
e0189172_10341621.jpg

AFTER
e0189172_10343160.jpg



■客室ゆき
AFTER
e0189172_10345122.jpg

AFTER
e0189172_1035421.jpg



■客室わかば
AFTER
e0189172_10352846.jpg

BEFORE↑
e0189172_10355691.jpg






■食事処
AFTER
e0189172_10384637.jpg

BEFORE↑
e0189172_1039954.jpg

AFTER
e0189172_10392499.jpg

BEFORE↑
e0189172_10394397.jpg

AFTER
e0189172_10402660.jpg

BEFORE↑
e0189172_10404687.jpg

AFTER
e0189172_1041088.jpg

BEFORE↑
e0189172_1041196.jpg




長野県松本市 
株式会社 倉橋英太郎建築設計事務所
[PR]
2016年 05月 09日 |
長野県木曽福島の山みず季URARAつたや様の
お部屋の改修イメージパースを作成させて頂きました。


7月のリニューアルオープンに向けての改修工事です。

e0189172_10165654.jpg


e0189172_10163698.jpg


4月25日に長野県初の日本遺産に認定された木曽路。その雄大な自然を
切り取る開口部から、間接照明で照らす光の帯を連続させ、優しい灯りと
豊かな景観美でお部屋に訪れる人を包みこみます。



記入者:安藤

長野県松本市 
株式会社 倉橋英太郎建築設計事務所
[PR]
2016年 03月 16日 |
2016年2月24日
奈良市の天平旅館様がリニューアルオープンいたしました。
ならまちに通ずる、古都の趣ある佇まいに生まれ変わりました。


鉄骨造4階建
延床面積1597.58㎡
工期:1月12日~2月23日
担当:池田尚史

                                BEFORE
e0189172_952733.jpg



                                 AFTER
e0189172_925796.jpg



                                BEFORE
e0189172_96212.jpg


                                 AFTER
e0189172_964684.jpg

[PR]
2016年 03月 04日 |
2016年2月14日
大分県中津市の禅海茶屋様がオープンいたしました。
名勝耶馬渓、青の洞門の風景になじむ落ち着いた佇まいと、土地の高低差を活かしたアプローチ・動線が特徴です。


木造一部RC造、地上1階地下1階
延床面積288.94㎡
工期:2015年5月3日~2016年1月13日
担当:池田尚史

e0189172_13141618.jpg


e0189172_13135739.jpg


e0189172_1315421.jpg


e0189172_13154957.jpg


e0189172_13155629.jpg


e0189172_1316049.jpg


e0189172_13161897.jpg


e0189172_13162720.jpg


e0189172_13163361.jpg


e0189172_13164084.jpg



長野県松本市 
株式会社 倉橋英太郎建築設計事務所
[PR]
2015年 12月 28日 |
2015年12月7日
松本市丸の内の住宅兼テナントビルの竣工引渡しが行われました。
信州松本の顔である松本城と対峙するような力強く迫力のある建物になりました。
松本城を眼前に望む明るい住宅フロアでの生活を想像すると、
お施主様だけでなく私たちもわくわくしてきます。


鉄骨造3階建
延床面積358.35㎡
工期:5月17日~12月7日
担当:篠田真之


e0189172_2012374.jpg


e0189172_2013660.jpg


e0189172_20133011.jpg


e0189172_20141278.jpg


e0189172_20142861.jpg


e0189172_20144322.jpg


e0189172_20145652.jpg


e0189172_2015845.jpg


e0189172_20151986.jpg


e0189172_20153286.jpg


e0189172_20154059.jpg

[PR]
2015年 10月 30日 |
e0189172_18194463.jpg

片丘の丘から松本盆地を望む




稲刈りの跡が、文様のように広がり、

なだらかな丘に延びる棚田の畦が美しく連続します。

霞がかった大気で秋の日差しが拡散され、彩り深い松本の景色を

ベールのように包み込みます。





記入者:安藤

長野県松本市 
株式会社 倉橋英太郎建築設計事務所
[PR]
# by kura-a | 2015-10-30 18:36 | 歳時記 |
2015年 10月 22日 |
先月の出来事ですが、

夏場の日照りで、急に枯れてしまった社屋の蔦を撤去しました。

弊社の成長とともに成長してきた蔦の撤去はなごり惜しいことですが、

これまで白茶けた葉で覆われていた景色はすっきりとし、明るくなりました。



e0189172_21192924.jpg


開口部の形にごっそり取れています。
枯れた蔦が気持ちよく剥がれた瞬間です。
e0189172_21193883.jpg




記入者:安藤

長野県松本市 
株式会社 倉橋英太郎建築設計事務所
[PR]
# by kura-a | 2015-10-22 21:23 | 歳時記 |
ページトップ